topimage

2017-05

成すための枷(かせ)或いは条件 - 2015.12.13 Sun

K先生やFさんと話す中で、100号くらいの大作を描こう、と言われました。画廊TのOさんからも以前言われました。 大作、昔は描いていたのですが、ここ数年描いていません。
画は、「想い描くイメージ(仮想)を画面(現実)に移し、可視化したもの」 と思っています。
それを成すための枷(かせ)或いは条件が、サイズと材料(技法含む)と思っています。

画のサイズには、その大きさにする必然性を伴わせないと、単に「大きいだけの画」になりますので、結構重要な要素と思っています。 なのでイメージを現実に移す際にスムーズに移せているかを気にしてしまいます。
ここ数年描かなかったのも、そのあたりが理由と思います。

来年5月の個展まではそこへ向けての制作に集中しますが、それ以降から描こうと思います。気の早い話ですが。(再来年には更に規模の大きい個展も企画頂いていますし) 
久しく描いていないだけにどんな内容にしようか思いますと、わくわくします。 旧知のFさんと話していますと、もう描く気になっている自分がいます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1686-5afb9108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グループ展 「PREMIUM ROSE」 «  | BLOG TOP |  » 東村アキコ先生の「かくかくしかじか」

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 「Attirant Ⅴ」
6月15日~24日
瀧川画廊
(06-6365-6578)

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月26日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (54)
文献・メディア (25)
日記 (1489)
雑記 (149)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事