topimage

2017-09

漸くノートづくり - 2015.12.29 Tue

昨年末より、制作の中での発見を纏めてノートに書き整理できる余裕が出来てきました。これまで行き当たりばったりが多かった描画工程を反省したり、このブログで過去の作品画像を年代別に見返し自身の傾向を省みることができたのも一役あると思います。 これまでは描き方を発見し何とか解決しても、毎回異なる課題に遭遇し振り回され、必要な解決方法は毎回異なるものでしたので、仮にノートに書いても、読み返すことがなく、いつしか書いてもメモ程度、それもしないことが多数でした。

その甲斐あってか、最近漸く、自身にとって納得する、描く順序(システム)が確立しつつある感があります。 10年以上やって漸く・・・・。

しかし一方でそれは絶対視すべきでもないと思っています。 たとえ自身で覚えた描き方や手順でも、描く時々でやる事(最良の手立て)は変わりますので、やはりその時々で考え、発見に努め、その痕跡の集積で成り立つのが画と思います。 
尤もシステムのみを求めるのは危険ですが、描き始めはシステム遵守の方がとっかかりを得やすく、良いと思います。
私の場合、輪郭線と画面全体の明暗の流れを施しましたら、立体的に見せるためのシャドウを簡略なタッチで入れるところから描き込みを始めますと、自身でも形態の理解と完成予想を立て易いようです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1696-9f8424f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「バラの画家 ルドゥテ」(八坂書房) «  | BLOG TOP |  » 漸く

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事