topimage

2017-06

画廊T → 虎ノ門砂場 → Bunkamura ミュージアム - 2016.01.08 Fri

お昼より画廊Tへ伺いました。開催中のCさんの個展を拝見し、スタッフさんへ年始の挨拶し、持参しました画 (5日の記事に画像添付しました「星降る夜に」) を預かってもらいました。
ご馳走くださりました虎ノ門砂場のお蕎麦、大変美味しかったです。東京のお蕎麦のグレードに感激しました。 また、アートフェア東京の展示案(出品作品の選定や壁の色等)についてご熱心に協議くださりました。誠にありがとうございました。

その後渋谷へ移動し、Bunkamura ミュージアムで「ラファエル前派展」を見ました。
ロセッティ、ミレイ、バーン=ジョーンズ、ジョゼフ・ムーア、アルマ=タデマ、等、19世紀中ごろの英国でロマンティックな題材を緻密な描写で描き切った作品群でした。
ここから世紀末の象徴主義、そして20世紀のシュルレアリズムへ。 夢、哀切、憧憬、叙情、愛憎、幻想、死・・・抽象的な観念を、繊細な感受性から生まれる情景を媒介に纏わせ表現するこの流れは、私が美術史の中で、テーマの面で最も好むところです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1706-afaf6a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

帰省の航空券を予約 «  | BLOG TOP |  » 新年最初の授業 / 鯖と大根の生姜煮

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 「Attirant Ⅴ」
6月15日~24日
瀧川画廊
(06-6365-6578)

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月26日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (56)
文献・メディア (25)
日記 (1497)
雑記 (150)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事