topimage

2017-09

NHK文化センター徳島と高松での1日講座 - 2016.04.12 Tue

昨日と今日にかけて、NHK文化センター徳島と高松での1日講座を開講させていただきました。
内容は直下にありますご案内記事に書きました通りです。

徳島での講座(3時間)は桔梗の写真トレースから始まり、「立体=面の角度が変化している=各面で受ける事の出来る光量が変わる=描いたとき、各面のトーンを変える必要がある」といった立体感を感じさせるシステムのレクチャーをしました。
そして花全体のもつ漏斗(じょうご)の内壁のような立体感と、花弁の模様の隆起といった部分における立体感のバランスや響きあい。描き込む部分とそうじゃない部分の対比、を検証しながら進めました。
高松での午前の講座(2時間)ではオレンジをモチーフに描きました。基礎形態として球体に見えるためのトーンのあり方、その上でただの球体ではなくオレンジとして見せるために描くべき効果的な場所や描き方に留意してもらいました。
午後の講座(3時間)ではプーンの写真をモチーフに、ハレーション・トーンによる質感表現と黒バックに処理しました画面空間との響きあい。それらの描き方をレクチャーし、実践してもらいました。

どの講座も皆さん熱心に制作されて、私もとても集中できました。制作に繋がる質問もいただき、それに応える中で皆様の画も効率的に充実していったように思います。おかげで写真を撮るのを忘れてしまうほどです(笑)。
下の一枚は高松の午後講座にご参加くださった受講生の作品。
スプーンの玉の部分に移り込む影の形は、その面の立体に沿って現れる点や、影から光へ急激に変化する様(しかし塗り分けではなく、あくまでハーフトーンを挟んだ移調である)、また持ち手と玉の付け根の角度変化などよく表現されていると思います。皆さんこの画と同等に描き込まれていました。
レギュラーの講座はもちろんですが、短期講座や1日講座についても、今後も定期的に開講させていただければ幸いです。
160413_152207-1.jpg


【おまけ】 NHK文化センター高松の壁に貼られていました、スタッフさんオリジナルのポスターです。 
ご制作くださり誠にありがとうございます。 受講生さんの募集や、当日のご対応など大変お世話になりました。

 
20160413181650647.jpg

熊本の地震 «  | BLOG TOP |  » 1日講座 ・ NHK文化センター徳島、NHK文化センター高松

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事