topimage

2017-09

空いた期間を一気に記します(11月27日~12月12日) - 2016.12.12 Mon

ブログの更新が途絶えて、かなり日が空いてしまいました・・・・。
これまで2日に1度のペースで書いていました物が、こう空いてしまいますと、これまで通りの体裁で復旧するのには時間も体力も要ります。
空いていました期間も、一応メモのような形では残していましたので、それを一気に記そうと思います。


12/12(月)
大阪へ移動し、現在グループ展を企画いただいています画廊Dに在廊していました。久し振りの関西でしたが、今日の大阪は底冷えする寒さでした。
私は同時期に画廊Tでもグループ展へ出品していて、どちらの会場も、出品してますのは写実的具象表現を標榜しています方々です。

展覧会場の壁にかかっただけでも、アトリエで見るのとは比べ物にならないくらい、自作を客観的に見れるようになるものです。 それに加えて今回のように、志を同じにする画が同じ空間に並びます機会は、たいへん刺激を頂けます。


12/10(土)
Fさん、Yさんと忘年会でした。 近況を話して、最近の仕事を見せ合ったりしていますと、時間はあっという間に過ぎてしまいます。
Fさんとは知り合って20年になります。この20年も、あっという間だったように思います。

帰宅後、一昨日のミーティングを基にカットグラスに挿した花の下絵を2枚、作りました。
若い頃は思い返しても無茶苦茶な呑み方でしたが、最近は極めておとなしいものです。それはFさんも同じとのことです。(尤も私は今夏、言い訳の余地もない醜態を晒しましたが・笑)


12/8(木)
東京駅から日本橋三越へ行き、NさんとOさんの個展を鑑賞。
その後、京橋の画廊Zで高校時代の美術教師F先生も出品していますグループ展へ。長い歴史のあります画廊Zも今展をもって画廊を閉じるそうです。
そこから築地まで歩き、地下鉄日比谷線で画廊Tへ。来年3月に企画いただいています個展の、出品ラインナップや今後の制作スケジュールの確認とミーティング。細かく話し合ってくださり、ありがたいです。話していますと、青森在住の作家さんから画廊にリンゴが届きました。帰り際、幾つか持たせてくださいました。こちらもありがたいです。
最後に新宿タカシマヤへ移動し、Lさんの個展を拝見しました。
移動の疲労と、ミーティングの緊張と、作品鑑賞の緩和で、色々あった1日でした。


12/7(水)
画廊Tと画廊D、それぞれへメールと電話をしました。お願いすることや約束することなど。
個人事業で仕事をしていますと、する事は色々とあります。


12/5(月)
描いています薔薇の画、ラストスパート
夜遅く画廊TとNPO法人Yへメール。共にすぐに返信が来ました。スマートホンに連動しているのでしょうか?


12/2(金)
高校時代の美術教師のF先生より、京橋の画廊Zでグループ展に出品しているとのメールを頂きました。


12/1(木)
寒い。12月ですもの。先日よりアトリエに出しましたストーブに加えて、膝掛けもするようになりました。
共にずっとしているわけではなく、むしろたまにしかしないのですが、それでも本格的な冬の訪れを感じます。


11/30(水)
先にするべき件があり中断していました4号の薔薇の画を再開しました。
水彩での彩色のパートを完了させました。


11/29(火)
朝からすこぶる調子が良く、ミニアチュールとはいえ、一気に半分くらい描けました。 たまにこういう日があります。


11/27(日)
画廊Tと画廊Hへメール。
サントリー美術館へ小田野直武の展覧会と講演会へ。

モデムをリセットし、事務仕事 «  | BLOG TOP |  » 雪の日

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 特集個展
11月12日(日)
高松国際ホテル
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事