topimage

2017-07

埼玉 → 香川 1(自宅~有明港~徳島港 ) - 2017.03.24 Fri

誠に突然ですがこの度、埼玉県戸田市から香川県高松市へ、転居いたします。
画を取り扱ってくださっています画廊やNHK文化センター青山、大学など勤め先へは事前にご連絡していましたが、こちらのブログでは、いつか書こう書こうと思いながらお伝えしますのがおそくなってしまいました。
想いが多くて、一気に書くのは無理なので、いずれ少しずつ書ければと思います。

家具を運び出し、見違えるほど片付いたリビング。
画像では緑色のカーペットになっていますが、住んでいた頃はフローリングマットを敷いていました。



NHK文化センター青山の生徒さんに頂いた花束。
とてもお世話になりました。 ありがとうございました。



各種手続きや連絡は前もってしていましたが、個展終了後の3日間で怒濤の片付けをし、業者のトラックに乗せられなかった荷物を力技で車に詰め込んで、有明のフェリー埠頭へ高速道路を走りました。
初めて走る道、暗いですし、出港時間は迫りますし、積載は超過気味で、本当に怖かったのですが、何とかギリギリ間に合いました。
間に合わないだろう、無理だろう、と何度も思いました。諦めはしませんでしたが、別の方法を取らなければいけないだろうとおもっていました。 奇跡的と思えました。
フェリーに乗ってしまえば、このまま翌朝、徳島港までの航路です。
車を預けたスペースはこんな感じです。



船内は清潔感がありとても綺麗でした。



下の画像は寝室ですが、他に食堂のような広い空間もありました。





私は乗船中の殆どの時間を、その食堂のような場所で呑んでいました(笑)。



レストランがあると更に良い雰囲気と思いますが、何か規制があるのでしょうか。そこには自動販売機がズラッとありました。
移動の興奮もあり、それでも充分美味しく感じました。



徳島ラーメンは特に。



銭湯やシャワールーム、コインランドリーまでありました。
こんな長距離のフェリーには初めて乗りましたが、想像していたよりもずっと明るく綺麗で、楽しく思いました。



船内には香川県のポスターや、讃岐漆器、丸亀のうちわ等が展示されていて、郷里へ近付いている事を実感します。



香川の県花・県木である、オリーブの意匠も。



荷積みと運転で疲れていました。寝て起きたら朝でした。
海しか見えなかった窓外の風景は、ドンドン港に近付きます。
遂に、徳島港へ。

埼玉 → 香川 2(徳島港~新住居 ) «  | BLOG TOP |  » 個展 「 安冨洋貴展  ~煌めく夜~ 」最終日

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1514)
雑記 (152)
作品 Works 2017 (0)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事