FC2ブログ
topimage

2020-04

箱額のマージン調整 - 2018.11.08 Thu

夜の商店街を描いた新作が完成しました。 さっそく額装してみますと、何か違和感。額縁は箱額なのですが、フレームと作品が浮いているような感じ。両者の間隔がいつもより広く感じられます。

フレームと作品の間隔部分、多くの箱額では布を張っている部分に、私は水彩額で使うマット(エンボスのある厚紙)を使っています。素材を色々試した結果、作品が紙だからでしょうか、マットも同じ紙素材の方が相性が良いように思うのです。
以前は消し墨色のマットを使っていて、その時は丁度良いと思っていたのですが、今回銀色に替えたところ、膨張色だからでしょうか、同じ長さでも長く感じてしまうのです。 (その後さらに見続ける中で他の理由も浮かんできました。)

朝9時の開店と同時に寺下額縁へ電話確認し、芯も黒の黒色マットを購入。それを幅10㎜残して大きく穴を抜く加工をしてもらいました。
それを今回の額縁のマットに貼り合わせました。 すると正面から見ると周囲のフレームが内側に10㎜延長し、同時に内側の銀色が10㎜縮小されます。
怪我の功名ながら、これが新機軸へのヒントになっていく気がしています。

春斗の散歩コース «  | BLOG TOP |  » 生徒作品 (フォンテーヌ絵画教室、NHK高松(金曜クラス))

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1613)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事