FC2ブログ
topimage

2019-11

ショーウインドウの向こう側 - 2019.07.24 Wed

画像はJさん(親族)から誕生日プレゼントとして頂いたG-Shock。 ありがたいです。
先月(6月20日)で41歳になりました私に、本当にありがとうございます。深謝申し上げます。



G-Shockは私が高校生の頃流行った腕時計で、一時下火になりましたが後に復活し、今なお根強い人気のあるブランドです。
私も20歳の頃持っていましたが、諸般の事情(笑)により、当時持っていたのは廉価シリーズのBaby-Gでした。

若い頃抱いた「ショーウインドウの向こう側」 の意識は未だ残っており、嬉しさもひとしおです。

新講座の資料等をメール / スケジュールを再考 «  | BLOG TOP |  » 生徒作品(徳島新聞カルチャーセンター)

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事