FC2ブログ
topimage

2019-11

観念(イメージ)に、感受可能な形を纏わせて - 2019.09.16 Mon

先日のNHK文化センター京都での1日講座に併せて、大阪で開催されています2つの展覧会、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」(国立国際美術館)と「ギュスターヴ・モロー展」(あべのハルカス美術館)へ行きました。
私の大好きな象徴主義の作家の展覧会なので、いつにも増して熱中して見ました。

19世紀末のヨーロッパ、急速に都市化が進む中で人間の精神は寧ろ不安や葛藤、物質主義への反発が起こり ます。そして神秘的で超自然的な物を、それを象徴する外界の形を借りて描く画家が現れます。
この「観念(イメージ)に、感受可能な形を纏わせて、表現する」というのは私の絵画表現の基本にある想いです。
(なので先日つくりました美術史プリントでも、歴史上あまた在る芸術活動や主張の中で、象徴主義の作家や作品の紹介に、最も多くを割きました)


グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》
(これだけは撮影可能でした)

焦点距離による歪み。説明と対策 «  | BLOG TOP |  » 原因不明の故障

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事