FC2ブログ
topimage

2020-08

焦点距離による歪み。説明と対策 - 2019.09.18 Wed

徳島新聞カルチャーでの仕事でした。 前回の授業で、生徒さんが資料として持参した写真に、必要以上にパースがかかって撮られた物がありました。
それは一目でカメラの焦点距離に依るものと分かったので、今回実例を用意して説明しました。

広角焦点距離の歪曲収差によるパースの変化と、望遠焦点距離の圧縮効果などに起因する現象なのですが、かいつまんで簡単な対策のみを言いますと、「レンズの広角端は使わず、モチーフから少し離れて少しズーム(望遠)を利用する」と良いです。

下の2つの画像、写っている白い箱は同じ大きさになるように、また同じ高さから撮影しているのですが、レンズによってこんなにもパースが異なります。

IMG_2487.jpg
広角レンズ(18mm)で撮影。 
極端にパースがかかっています。(加えて、結構モチーフに近い距離で撮影していますが、遠近感が強く働くので背景まで写ります。)

IMG_2485.jpg
やや望遠レンズ(50mm)で撮影。 
モチーフから少し離れて撮る必要がありますが、パースは自然な感じがします。

こういった事は実例を見てもらいながら少し説明しますと、直ぐに理解、対応できる事なのですが、案外知らないままやり過ごしている事も多いです。

身体が資本ですから «  | BLOG TOP |  » 観念(イメージ)に、感受可能な形を纏わせて

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事