FC2ブログ
topimage

2020-04

ヤスさんのこと - 2011.07.13 Wed

昨日ブログに書いたことにも繋がることですが、夜を引きずりながらも新しい朝が来て、というのをイメージできます曲に、オフコースの「昨日への手紙」があります。こちらです。
また同じアルバムに収録されています「憂き世に」は一見、環境問題をテーマにしつつも、周囲をいたわる気持ちがやがて自分の負担を軽減させるというメッセージのようで素敵です。こちら

オフコースといえば小田和正さんのイメージが強いと思いますが、上の2曲は共にもう1人のボーカル、鈴木康博さん(通称ヤスさん)の曲です。
共に才能に恵まれながらも、それをメジャーラインに乗せてきた小田さんに対して、いつしか「オフコースのB面」 というポジションのヤスさん。周囲との関わり方や時間の重ね方のスタンスの違いは後期ほど明確で、脱退直後に発表した 「流れゆく時の中で」(こちら)には特にストレートに表れているように思います。

自分の弱点も含めて物事の解決をはっきり言い周囲を引っ張っていく、というのとは真逆の、不安は不安として停滞させておくことも良し、日常を良しと見なすおおらかさや一種の諦念、無常感がどの曲にも漂っているように思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/258-f248ef27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

穴の空いた多面体、のようなもの «  | BLOG TOP |  » グループ展「Physical side」最終日

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1612)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事