FC2ブログ
topimage

2020-04

「香川県文化芸術新人賞展」を終えて - 2020.03.02 Mon

2月24日まで催されました香川県文化芸術新人賞展。おかげ様で会期中は多くのご来場者に恵まれ、充実した作品展が出来ました。
思えば画家生活13年。芸術新人賞展が始まったのと同じ年に、私の画業を生業とする生活がスタートしました。当然、芸術新人賞展のことは第1回の時から知っていて、いつか推薦され、受賞し、受賞展が開催されれば良いなあ、と思っていました。
・・・・それから10年、待てども待てども、推薦の話すら来ない日々が続き、3年前(2017年)の冬、もう応募できる年齢制限の上限になりました(笑)。

そこで作品取扱画廊のスタッフ・Mさんに頼みました。自身で考えた推薦理由を列記した資料を用意し、東京タワーからほど近いタリーズコーヒーで暑苦しいほどに話しました。
数日後、その話をほぼそのまま要約した推薦文の下書きをメールしてきてくださいました(笑)。ありがたかったです。内容を確認し、推薦人になってもらいました。

そして2018年、運よく受賞することが出来、2年後(2020年)の受賞展ではこれまでの画業を振り返る構成にしたいというアイデアがすぐに湧き、そのための準備に取り掛かりますと、あれよあれよと時が流れていきました。
それにしても、これまでの15年間の作品から30点を展示しました今展では、自作の変遷や描き方の変化が一同に伺え、そしてご来場者から自身も気付いていなかった点を聞かせてもらえました。貴重な機会を設けて頂き、大変勉強になりました。


僕はヘアカットしてもらいました。(春斗談)

「香川県文化芸術新人賞展」を終えて (の、エピローグ) «  | BLOG TOP |  » 軽トラで実家へ

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1612)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事