FC2ブログ
topimage

2020-07

エール - 2020.05.04 Mon

或る案件あり、Nさんへメールしました。 元々は業務的な用事なのですが、医師であるNさんにとってこの度の新型コロナウイルスで患者さんへのご対応など、ご労苦は如何ばかりかと思うと、本筋以外にも文は及びます。
報道に触れるたびに、ご自身の犠牲をいとわず病や不安を治癒されておられます医師という仕事の崇高さに、感服致します。

2月の香川県文化芸術新人賞展では、Nさんはじめ皆様から暖かいエールを頂きました。それを胸に力強く描いていくのが、画家として私の出来るせめてもの事と思います。

地元・高松の商店街の夜を描いた作品と文章を、下に掲載しました。
1日も早く元の平和な日が訪れます事を、お祈り申し上げます。

※「夜風を連れて」blog01

「夜風を連れて」 (318×410㎜/6F)  

夜の帳(とばり)が降りた街で、そこに残った店の灯り。
人生の大半をここで過ごした、降り積もった時間が夜によって昇華されていく。
慌ただしく通り過ぎていく日常を横目に、澄んだ夜風を連れて行こう。

各人が衛生管理を意識する «  | BLOG TOP |  » 平常な日常

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
7月7日(火)
7月21日(火)
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (83)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1671)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事