FC2ブログ
topimage

2020-08

構図と共に見えてくるイメージ / イーゼルか卓上か - 2020.05.14 Thu

6号サイズ(273×410mm)で描いていました薔薇の画を描き終え、一昨日のブログ記事で挙げました水辺の風景の画像へ加筆し、下絵を作りました。
私は画を描く際いきなり本画を描き始める事はめったになく、割りと詳細な下絵をつくります。
こうするとそれまで漠然とした存在だったイメージが、少しずつピントが合うように、頭の中で構図と共に見えてきます。しばらくこの作業を進めるつもりです。

ブログトップに掲載していますNHK文化センター高松での、2回短期講座 「鉛筆だけで描く ネコ」(6/5、6/19 金曜日 13:00~15:00 (詳細はこちら)で参考作品として見てもらう画を描きました。
普段画画を描く際はイーゼルに掛けて描くのですが、今回は教室で生徒さんが描く時と同じように卓上で描きました。 
このイーゼルに掛けるのか卓上で描くのかは、人によって描き易さや感覚的な違いを感じるところです。私自身も20歳代の頃は両者の間で異質感を感じていました。 
イーゼルだと問題なく描けるのですが、卓上ですと筆の真下に画面があるためか、筆にかかる重力や筆圧が画面にダイレクトに反映されすぎる感じがしました。 また画面内に「手前⇔奥」のつもりで描いた空間(遠近感)が、卓上ですと「手元(上)⇔下」と脳が誤認してしまい、そこを上手く変換できないという期間がありました。 単なる慣れの問題と思うのですが痛い記憶です。
後にイーゼルと机の両方で均等に描く機会が多くなり、いつの間にかどちらでも違和感なく描けるようになっていました。

今日も、雨降る夜の画と文章を、下に掲載しました。
小さなサイズの画です。
再び心穏やかな日が訪れます事を、お祈り申し上げます。

古本屋

「古本屋」  材料:鉛筆、紙、パネル  サイズ:227×158mm/サムホール

漆黒の夜、静かに降る雨が地面に打ち付けられ、
周囲の家や店舗の灯りが写り込み、そこに生きる人の営みが写り込み、
遠大に拡がる夜を感じ描きました。

猫好きの事情 / 5月半ばの三条池 «  | BLOG TOP |  » 買い出し

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事