FC2ブログ
topimage

2020-08

描く・2つの差を埋める行為 - 2011.09.12 Mon

昨夜、と言いますか今日未明4時ごろまで事務仕事していました。就寝したのは5時です。 そして私が寝不足というのに10時前に電話で起こされ(一般的には電話しても何ら問題ない時間・笑)ました。
何とか気持ちを落ち着かせながら、完成した作品の、パネルの周囲に水テープを二重に貼り込み、裏面にタイトルや名前などを書きました。

そして完成した作品に最後の加筆した時、何とも言えずフッと気持ちが落ち着きました。焦って嫌だった気持ちも、描いている最中は不思議なくらいに素直で謙虚な気持ちが満たされていくのを実感します。

ほとほと、私は描くという行為にすがって生きていると再認識しました。

運動面だけでいえば描くことは自身の身体運動とその制御。 しかしそれによって今まで形を成さないイメージであったモノに、形が与えられ浮かび上がり可視化されます。
 私にとって描くという行為は、紙の上のそれと、イメージの中のそれ、前者を限りなく後者に近付ける行為。
そこには、私にとっての端的で明確な目的があり、無心にしてくれます。
そのことが本当に嬉しいです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/335-045d79e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

様々な背景も/幸・不幸は周期的に交替 «  | BLOG TOP |  » 余計に

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1686)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事