FC2ブログ
topimage

2020-08

人の道より、猫の道。 - 2012.01.24 Tue

夜、Sさんへお電話をしましたところ、Sさんは受け取られて開口一番、 「あー、もしもし 猫の人です。」 と。展覧会前で色々と意識することも多いというのに、相変わらずのご対応のおかげで幾分、心が軽くなりました。 

その事を伝えますと、
「ええ、そうですか。画家も大変ですねえ。でも画家って基本的に猫と同じじゃないですか。 
周りにどれほど迷惑与えようと、自分の好きなこと、望むことだけやってて、でもそれが許されるのって世界で猫と画家ぐらいですよ。 犬でも少しは気を遣ったり空気読んだりしますけど。奴だけはそんなの一切お構いなしですからねえ。 あ、奴だなんて言っちゃいけません。 神です。 
ですから私は基本的な関係という物を踏み外したりはしないのです。すなわちTちゃん(Sさんちの猫)こそが太陽神であり、私たちはそこにひざまづく僕(しもべ)なのです。世界は縁側で居眠りするTちゃんの額の上にあるのです。私たちはTちゃんを起こさぬよう、穏やかに生きていかなきゃいけません。 ですから私は、安冨さんが人の道に反して歩んでいようと全く構わないと思うんですよ。・・・・それより猫の道に反しないでください。」

・・・・、途中、大幅な蛇行がありましたが、最初と最後はとても良いお話を聞けたなあ、と思いました。


余談 ・ 冒頭の「あー、もしもし 〇〇です。」という所は、今や私達の仲間内では定型文となっていますSさんがよく言うセリフです。 おかげで私はかなりうまくSさんのモノマネが出来ます。 
コツは、ヘビースモーカーで低血圧な人(←Sさんそのもの・笑) が電話によって不意に起された、というシチュエーションを想定し、しゃがれた声で 「あ”あ”あ”・・・もしもし・・・」と、絞り出すように発音することでしょうか。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/478-fbd22c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作品増補/夜、モノクロームへの想い «  | BLOG TOP |  » DM投函

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
7月7日(火)
7月21日(火)
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1680)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事