FC2ブログ
topimage

2020-08

大阪・淀屋橋界隈の画廊へ - 2012.10.17 Wed

昼より2つの画廊へ伺おうと予定していました。しかし気付くと準備に手間取り、今から出発したのではその内の1つしか行けないかな、という時間となってしまいました。なのでもう1つへ行くのは後日に変更しなければならないと思いながら出ましたが、様々なことが思いがけず早く行え、月末に行こうと思っていた所も含めて結局4つの画廊へ伺えました。

最初に伺いました画廊Dは、昨秋私も出品しましたグループ展でお世話になった画廊です。今日は新たな展覧会の初日でした。
写実の実力作家さんによるグループ展。私もそうですが、このようなタイプの作品は制作に時間がかかり、年間の制作枚数も少ないです。 画廊としても作品を揃えるのが大変とのことですが、そのような中、写実作品での展覧会を毎年行い拝見させてくれます画廊は貴重と思います。

次の画廊Oへ向かう途中、雨が降り始めました。家を出る時もしかしたら必要かも、と持ってきました傘が役に立ちました。
画廊Oでは写実作家が多く所属しています白日会のグループ展でした。展示作品が多く、好みの作品に出会える可能性が高いのが、グループ展の良い点です。

次は少し離れた画廊Tへ。雨足は強くなるばかりです。
知人Oさんの個展。繊細なトーンがとても素敵なパステル画が展示されていました。 4月にご本人とお会いした際も今展への作品づくりの事をお話しくださいました。

次の画廊Oへは200mくらいしか離れていないのですが…、既に歩けないほどの豪雨。
美術学校でのクラスメイトでしたFさんの個展。 昨年も同じ画廊での発表をみましたが、今回の新作は透明感があって凄い良いなぁー、と思いました。木々や水と人との大きさのバランスや、明暗のバランスに、心地よさを感じました。
(と同級生の私が言うのも生意気ですが、きっと来観される皆さん、そう思うと思います。)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/736-c2b3a204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

理想の像(イメージ)は «  | BLOG TOP |  » 水張りと、パネルへの下処理

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1686)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事