FC2ブログ
topimage

2020-04

陸続き - 2012.12.03 Mon

私の故郷、香川県は四国に在ります。 四国は本州から海に隔てられていて、そのためでしょうか何となく遠隔地、というイメージをお持ちの方もおられると思います。(もちろんそれによる良いイメージもあるのですが)
四国と本州の間の海上には、丁度うまい具合に大きな島、淡路島があります。この淡路島、島内に市が3つあり、大学、大学院、専門学校が各2校ずつ、県立・私立の高校が6つもあり結構大きな面積です。

兵庫県(明石市)-淡路島の明石海峡は3.6km、淡路島-徳島県(鳴門市)の鳴門海峡に至っては僅か1.4kmで、距離だけですと、充分泳げる距離です。(しかし実際には渦潮が発生したりしますので危険かもしれません。) 両海峡には橋が架かっていますので陸路で、しかも乗り換えなしの直通移動が可能です。

地図上で見ますと、明石市から鳴門市までの距離は、北海道や岩手まで言わなくとも栃木や静岡くらいの県でしたら、その県域の中に十分収まる程度のものです。
最も海寄りの舞子と鳴門市の間は、バスですと40~50分くらいで、県庁所在地の神戸市と徳島市でも1時間50分くらいで往来可能です。
何度も行き来していますと、普通に陸続き、といった感覚になります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/787-eb925af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

身の引き締まる思い «  | BLOG TOP |  » 原液のカルピスをお湯で割って

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1612)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事