FC2ブログ
topimage

2020-04

同時に机の上に並べて - 2012.12.19 Wed

事務仕事の仕方として私は、複数の仕事を同時に机の上に並べ、あっちを少しやり、途中まで出来たらこっちを少し、というやり方をすることが多くあります。 
今も、来年の個展について文章を書く為これまで書き溜めています断片的な文章を参考に案を練ったり、某所から届いたメールを読み疑問点を書き上げ次回訊かれたとき答えるシミュレーションしたり、このブログを書いたり、不在通知のあった配送業者へ再配達の依頼をしたり、受け取ったメールへ返信文を書いたりしたりしています。

こういう事を友人に話しますと、そんなやり方してよく思考が混乱しないね、と言われますが、案件をひと通り眺めておくことで重要度合いが計れ、むしろやるべきことが頭の中で纏まります。
一つの仕事を一気に完成まで進めるよりも、途中で区切る事によって冷静になれ反省や検証が出来、結果的にミスも少なくなるようです。 そして他の仕事をしている間に、前の仕事のより適切なアイディアが浮かぶことは度々あります。その都度メモして思考を整理し易くします。
学校の試験勉強のように教科書に載っている範囲内のみの事を結び付けて論理的に整理し記憶していくのではなく(そうして獲得した知識も思考を実践させる時の基本にはなるのですが)、あらゆる方面に散らばっている事象を見付けて行くにはこれくらいニュートラルに構えておき、思考は繋ぎっ放しではなく分断と接続を繰り返し行う。この分断と接続の間で、思いもよらないアイディア(或いは見落とし)に出逢えます。

以前ブログで、『作品を描いている時に考えているのは、現在行っている仕事が丁寧(←筆捌きに留意している)で効果的(←想い描くイメージに留意している)であるか、という近視的な事に集中していたり、全く他の事を考えていたりで、作品の全体の事を考えるのは実際に画面に筆が入る以前と、画面から離れて確認する時に行います。なので描いてる最中は会話も全く可能です。』 といった内容のことを書きました。

器用に思われたかもしれませんが、これも、画面近くで描いている時と離れて全体を確認する時で思考を区切っている例と思います。
そうしないと事務も制作も出来ないくらい、不器用です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/805-925daedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「香川アートコレクション展 2012」 最終日 «  | BLOG TOP |  » 別角度

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1612)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事