FC2ブログ
topimage

2020-08

個展のDM/バイクを購入した頃 - 2013.02.16 Sat

午前からお昼にかけて事務仕事していました。 薄葉紙をネット注文、携帯とタブレットの購入時に入りました無料サービスが明後日で有料になるため解約手続き、美容院の予約、それに伴い車を車検から取りに行く時間の変更を依頼しました。

そうしている内に、3月22日から始まります私の個展のDMが印刷所から届きました。
画面右のプロフィール内「-発表のお知らせ-」でも書いています、アートフェア東京2013での発表となります。
私の作品を展示していただきます東邦アートのスタッフOさんと、先日来そのデザインの事でやり取りを重ねていました。Oさんは本当に細かく丁寧にやり取りをしてくださいます。フォントや背景色、間隔を、本当に微妙に変えながら、行ってくださいます。 

昨日のブログに書きましたバイクの不具合は相変わらずです。 夕方、バイクを押してショップへ行きました。徒歩5分くらいの所にショップのあります自宅の環境には助かります。
現在乗っていますバイクは、9年前に新車で購入したものです。以来故障もせず、事故もせず、バッテリーの交換もしていないと思います。しかも購入後最初の4年くらいは結構な距離を走っていたと思います。スタッフさんにそのような事を話していますと、多くは5年くらいでバッテリーの交換時期を迎えるそうでよほど運がいいと言われました。 バッテリーの交換を打診されましたが、今すぐそれが必要か否か、検査してもらう事にしました。 その結果、配線の具合を直せばキックでのエンジンかけが出来る、またバッテリーも交換せず充電だけでもすればセルでエンジンかけが出来るようになる、しかし今後は絶対に交換しなければならない時も訪れる、と言われました。 一応今回はバッテリーの充電までの工程をお願いしました。 バッテリーの充電、一晩もしていただけるそうです。明朝取りに行きたいと思います。

バイクは好きで、自動車を運転するようになりました現在も、やはり乗っています。
現在乗っていますバイク(原付)は、Vino(ビーノ)というイタリア風モデルの、メタリックレッドの物です。美術学校を卒業後4~5ヶ月くらいの時期に購入しました。購入するまでは同じモデルのネイビーを考えていましたが、ショップで実物を見て、あまりの美しさに即変更しました。 
美術学校在学中はとにかくお金がありませんでしたので、好みなど言っておれず中古の安いバイクに乗っていました。今から思っても信じられないくらい安かったのですが、信じられないくらい故障しました。その修理費と合わせれば新車が買え、しかも修理に出している間は乗れませんので不便も強いられます。 
その教訓から次に買うときは絶対新車を、そして自分の好きな物を買おう、と決めていました。その時思い、購入して9年。その時のバイクが、今もあり続けています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/868-6044ea15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物悲しさや懐かしさを伴う風景 «  | BLOG TOP |  » 阪急・川西能勢口駅からバスで

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
7月7日(火)
7月21日(火)
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1682)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事