topimage

2018-07

誕生日でした - 2018.06.21 Thu

昨日6月20日は私の誕生日でした。40歳になりました。
気力は更に充実し、描き続けられていることに感謝します。

画像は先日の記事に書きました藤井さん (焼菓子工房 lerond(ロンド) こちら) に作ってもらいました。
お味も抜群ですが、この美しさ! 絞り出したクリームの白い造形、苺の鮮やかな色彩、アザランの煌めき。
スポンジには私の要望で杏ジャムを挟んでもらいました。




僕の誕生日のときもヨロシク~(春斗談)

地震 - 2018.06.19 Tue

昨日の地震、被害に会われた方へ心よりお見舞い申し上げます。
私はちょうど自宅からアトリエへ着きドアを開けようとしたとき、携帯から警報がありました。
でも全く揺れませんでした。

今日フォンテーヌ絵画教室で生徒さんの話を聞いたところ、高松でも私の住む三条町や松縄町など中部は揺れなかったようですが、郷東町など西部は結構揺れたみたいで、同じ市内でも差があるようです。
香川はこれまであまり大きな地震も台風もありませんでしたが、海抜が低くて池が多いので、何かあると少し怖いです。

焼菓子工房 lerond(ロンド)  - 2018.06.15 Fri

私のブログでも時々出てくるFさんこと、藤井さん。 実は焼菓子作りの趣味が高じて、いまやお店を出すまでなりました。
とは言ってもいまのところ、電話での注文販売になります。何せ一人で全て賄っていますので。

そんな中、お客様からのご要望もあり今回初めて小売り販売をしました。
でも、今日だけ限定です(笑)
次回は今秋を予定(笑)




彼女の焼き菓子は全てホームメードの優しい味わいです。
そして、とっても良心的なお値段(笑)
いつも私をご夫婦で応援して下さっている藤井さんです。




焼菓子工房 lerond(ロンド)
〒761-8084 香川県高松市一宮町393-5 tel/090-6286-8426 (藤井)
ご要望、ご予算の相談、種類など承ります。お気軽にどうぞ。


未明の怪音 - 2018.06.13 Wed

未明、2階のカーテンを引いていましたら、自宅前の道路で怪しい音がしました。窓から外を覗きますと男の人が道に倒れていて、それを2~3人の人が介抱していました。
大事には至らないようで、やがて体を支えられて帰路についていました。どうやら近所の某さん。
数年前にも酔っぱらって壁に体をぶつけたことがあります。シラフだと本当に地味で目立たない方なのですが。

同じ酒好きとして、あんなに前後不覚になるまで酔えたら、さぞ気持ちいいだろうなぁと思ってしまう一方で、あんなに破天荒でよく今まで無事でいられるなぁと心配に思います。

木村克朗展 (奈義現代美術館) へ - 2018.06.09 Sat

美術学校の恩師、木村克朗先生の個展が 岡山県の奈義現代美術館であり、先生のトークショーに合わせて訪ねました。
奈義現代美術館は、10年前に私も個展をさせて頂いた意味深い場所です。
館長のKさんにも久しぶりにお会いし、話に華が咲きました。

変化し続ける作風と木村先生のバイタリティーに圧倒されます。
久しぶりの再会なので緊張しましたが、いろんな話をしてくださり、楽しかったです。今回は初めて奥様にもお会いすることができました。



下の画像は、奈義町を見下ろす那岐山(なぎさん)です。
この日は気象条件が合ったときだけ見られるという、山の頭を雲がかぶった様子「風枕」を見ることができました。
ご説明頂いたのは当地のギャラリーフィクサのオーナーのHさん。

昨日までの長雨が嘘のような いい天気というか真夏日(笑)美術館の建物自体がアートの様相です。
香川からでも高速を使えば2時間弱で着きます。とっても風光明媚でいいところです。
皆さんも奈義現代美術館に行かれてみてはいかがでしょうか?(笑) 




美術館で常設展示しています宮脇愛子さんの作品「うつろひ-a moment of movement」と。

NHK文化センター徳島と、同高松の壁 - 2018.06.06 Wed

NHK文化センター徳島での仕事でした。
少し前の記事に書きましたが、徳島へ行く日は7時過ぎに起きます。そして8時発のバスで行くのですが、今日のような雨だと少し大変です。 バスの中ではメールを打ったり、資料を読み返して文章を考えたり。

教室の入っているフロアに着きますと、壁に香川県文化芸術新人賞の新聞記事が貼られていました。
ありがたいです。支社長にお礼を言いますと、I先生(高松教室も兼務され、私にNHK文化センターの講師業を紹介してくれた方)が受賞を教えてくれたとのこと。いつも気に掛けてくださり、本当にありがたく思います。
高松教室では、先月から貼ってくださっています。


(NHK文化センター徳島の壁)


(NHK文化センター高松の壁)

資料を読み返して / 春斗の本心 - 2018.06.05 Tue

某美術雑誌から、特集企画に掲載するための資料の提供をご依頼頂きました。
添付書類を読み、大変興味深い企画と思いました。今夜か明日、資料をメールします。

画像は少し前ですが、愛息·春斗と、死んだように眠る蝋人形(笑)。




「何か?」(春斗談)

高田公園にて清掃活動 / 早起きも楽勝 - 2018.06.03 Sun

自宅近くの高田公園にて清掃活動でした。朝8時集合って一般的にはごく普通の時間帯でしょうけど、一般的ではない(笑)私にとってはやや早朝の部類です。
とは言え、20歳代は朝が弱かった私も、30代後半から強くなりました。 特に高松に越してきて以来毎日8時前に起きていて、月2回あります徳島へ向かう日は7時過ぎには起きていますので、実は楽勝だったりします。

昨年も参加しましたこの活動、昨年は同年代の人がいなかったのですが、今年は一気に3名増加。転勤族の多く住む地域なので、年によってバラつきがあるようです。
30人弱が公園内の落ち葉を拾ったり草抜きをしたりして小一時間で終了。 
最後に代表の方が「次回清掃は10月末か11月上旬に行います」と。 え?去年の秋もやってたってこと?

丸尾宏一展と・・・・ - 2018.06.01 Fri

画廊大千でのグループ展「エトワールブリヤント」でご一緒させてもらっています丸尾宏一さんから、個展のDMをいただきました。
以下、丸尾さんに了解を得て、ご紹介です。

【丸尾宏一展】

会期・・・・ 2018年6月2日(土)~6月13日(水) *6月7日(木)・8日(金)休み
       am11:00~pm5:00 (最終日は~pm4:00) 
      *月曜日は15時まで、土、日曜日は終日在廊しています。

会場・・・・ cafe&gallery「ゆめや」
      〒650-0021 神戸市中央区三宮町2-5-12 三宮本通七洋ビル2F
      Tel(078)392-0513

027982cf-01.jpg
「Rurikei」P10  丸尾宏一


丸尾さんへ、ご案内頂いたお礼かたがた、年始に頂いた年賀状で丸尾さんの愛息・セナくんを見たとき可愛さと春斗そっくりな風貌に家族で驚きました旨と、もしも宜しければセナくんのかわいい画像を頂ければ嬉しいです。とメールしましたら、送ってくださいました。
こちらも、丸尾さんに了解を得て、ご紹介します。

senna3-01.jpg
丸尾セナくん (チワマル・2歳と半年)

senna2-01.jpg
撮影した場所は兵庫県篠山市にあります「J'sヒルガーデン」というお店。 ドッグカフェじゃないけれど、ワンちゃんにちょっとしたおやつとかくれたりします。 丸尾さん曰く、ここのドリアがめちゃくちゃ美味しいとのこと。



こちらは安冨春斗 (チワマル・4歳と半年)。ホントそっくり。

事務仕事 - 2018.05.31 Thu

画廊Dへ、額縁代をメールしました。
画廊Tへ、今後の制作スケジュールの事で私案を作成し相談のメールをしました。
画廊Kへ、出品します作品を送りました。 画題などの作品データと共に額縁代と画材代もメールしました。

案外、事務仕事は多いです。 お取引き頂いています画廊さんは、いつも本当に丁寧にしてくださり、ありがたいです。

「京の美人画 100年の系譜」 - 2018.05.25 Fri

日本画家の森山知己先生の講演会に合わせて今月20日、高松市美術館での「京の美人画 100年の系譜」を見に行きました。 
日本(画)での人物(特に顔)の表現については、個人的に長く不思議に思っていました。 (比較的類型化した表情、似ていない肖像画、なのに衣服の模様などに見るやたら細かい描画など。)

日本画もやろうと思えば西洋画のように克明な陰影で描き込むことは出来ます。本展にも石川晴彦など、そういう作品も出品されていました。
しかし対象の個性を際立たせたり触れられるような抵抗感、触感をもって現実感とするよりも、伝統的な型を尊ぶことで時代を経ても共有できる事を、より上位とする価値観は、日本の環境的、文化的な背景に起因し、「意識的にそうしている」 のでは、というお話は大変興味深かったです。



こんなふうに撮影OKという場所、最近増えたように思います。

「ゆう6かがわ」でご紹介頂きました【出品する展覧会】,【絵画教室】,【掲載教科書】の詳細 - 2018.05.23 Wed

本日放送の「ゆう6かがわ」(NHK高松放送)の中の「香川がイチバン」というコーナーに、出させて頂きました。

この件をご案内すべく昨夜各所へメールしましたら、返ってくる返信に、昨夕の同番組のエンディングでアナウンスされていたのを視てくださっていた方や、既にこのブログで知っていて録画を予約してくださっていた方もおられました。

関わってくださいます皆様に心から感謝し、これからも画道に精進したく思います。



コーナーの中でご紹介頂きました
【これから出品します展覧会】、【絵画教室】、【作品が掲載されています教科書】の詳細を下に記しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【これから出品する展覧会】

■ 2人展「~Rain~ 廣田真知子&安冨洋貴展」
7月6日(金)~14日(土)  
東邦アート
(東京都港区芝公園3-1-14) TEL:03-5733-5377

■ 個展 「安冨洋貴展 ~透明な鏡のように~」
7月18日(水)~31日(火)  
大阪タカシマヤ 6階ギャラリーnext
(大阪市中央区難波5-1-5) TEL:06-6631-1101



これ以外にも、下記の展覧会へ作品を出品します。 
こちらの方が先に開催されたりします(笑)。

■「薔薇 Festa」
6月20日(水)~26日(火)
岐阜タカシマヤ 8階美術画廊 (岐阜市日ノ出町2-25) TEL:058-264-1101

■「それぞれの写実展」
6月27日(水)~7月3日(火)
日本橋タカシマヤ 6階美術画廊 (東京都 中央区日本橋2-4-1) TEL:03-3246-4310

■「星座の会展」
6月30日(土)・7月1日(日) 大阪美術倶楽部(大阪市中央区今橋2-4-5)TEL:06-6231-9626
7月11日(水)~17日(火) 阪神百貨店梅田店(大阪市北区梅田1-13-13)TEL:06-6345-1201


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開講中の講座】

NHK文化センター高松
「楽しむデッサン・鉛筆画」  (第1・3金曜日 10時~13時) 
「鉛筆画 ・デッサンの基本から」  (第2・4月曜日 13時~15時)

香川県高松市 浜ノ町1-20 COM高松3階
電話:087-823-6677

https://www.nhk-cul.co.jp/school/takamatsu/

NHK文化センター徳島
「鉛筆デッサン基礎 ・静物を描く」  (第1・3水曜日 10時~12時)
「鉛筆デッサン ・観察描写を高めよう」  (第1・3水曜日 13時~15時)
「やさしい水彩画 ・デッサンの基本から」  (第1・3水曜日 14時~16時)

※ 水彩画講座では、デッサンのみのご受講も可能です
徳島県徳島市寺島本町東3丁目13−1 徳島駅前濱口ビル 8F
電話:088-611-6887

https://www.nhk-cul.co.jp/school/tokushima/

フォンテーヌ・絵画教室
鉛筆画、水彩画  (第1・3火曜日 10時~12時)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html
画面左の 「メールフォーム」 にお名前、メールアドレス、お電話番号をご記入のうえ 「確認」をクリックしていただきますと、こちらから詳細をご連絡差し上げます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【作品が掲載されています教科書】
光村図書出版株式会社の教科書、「美術3」(平成27年度用・高校3年・美術) に、私の作品「雨やどり」をご掲載いただいています。

kyoukasyo-600-1.jpg
(7ページ目の上段に、掲載されています。)


kyoukasyo-blog0.jpg
(表紙)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



画像はスタジオ収録の後、大河内アナウンサー(左)と 坂口アナウンサー(中央)と一緒に撮ってもらいました。

この笑顔が、いつか「楽しかった過去の記憶」(笑)と思う日が来ないためにも、今とこれからを充実させるべく、精進していきたいと思います。



あ!


テレビ出てる!(春斗談)

スタジオ収録して頂きました。 - 2018.05.18 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、NHK高松放送局へ移動し、後述しますテレビ番組の、スタジオ収録をして頂きました。

放送局に着きますと、番組キャスターの大河内さん、坂口さんの両アナウンサー、そしてアナウンス部副部長の関口さんにご挨拶しました。 大河内さんはこれまで2回ほどアトリエに来られてインタビューやロケ収録をして頂きました。
丸亀町商店街を描いた作品、イーゼル、制作に使っています画材(鉛筆や練り消しゴム)等をスタジオにセッティングしましたら、あらかじめ編集されていますロケ映像 (私のアトリエや、作品をご購入頂いています病院で先日収録された物) を見ながら簡単なインタビューの予行演習。受け答えの時間など体感できました。
おかげで本番も(自分にしては)なんとか、上手く出来ましたよ。

放送は来週5月23日(水)、NHK高松放送のテレビ番組、「ゆう6かがわ」(18時10分~19時)の中の「香川がイチバン」というコーナーで、取り上げて頂きます。
ご視聴いただければ幸いです。
(緊急ニュースが入った場合などは、放送日がずれる場合もあります。)

制作ではこのところ、風景を描くことが集中しています。 首都高速、大阪の街、京都のホテル、フランスの街角・・・・。

IMG_2181 -01
(収録中~♪)

ジャンプアップ - 2018.05.11 Fri

昨日と今日、このブログのランキングが急上昇しています。 昨日26位、今日は遂に14位。
昨日、地元紙の四国新聞の朝刊 (文化情報欄)に掲載されました記事 (こちら) を見て、私の名前から検索して来られた方が多くおられたのかと思います。
このブログを始めて7年、初のトップ20入り。

気にして見に来てくださいます皆様に、心より感謝申し上げます。
これからもこのブログを通して、あまり一般的ではない(笑)画家の日々のことを書いたり、展覧会の情報をご案内したり、したく思います。



アトリエにてロケ取材をしていただきました。 - 2018.05.07 Mon

某マスコミに取材を受けました。 連休明けの午前中、しかも雨模様の中アトリエまで来て頂き、ロケ収録してもらいました。
今週末には私の画を多数お持ちいただいていますお客様のところでロケ収録、そして来週末に放送局でスタジオ収録、というスケジュールです。

テレビ放送は再来週にあるのですが、告知許可がまだ下りていませんので、ブログに書けるのはここまでなのです。
下の画像の右に居ますインタビュアーをトリミングしていますのも、そういう理由なのです。


5月10日(木)の四国新聞に、きっと・・・・(笑) - 2018.05.06 Sun

地元紙・四国新聞では毎週木曜日に美術の特集ページがあります。 
母よりメールあり、先週と今週の木曜日の、四国新聞(美術特集ページ)に、今年香川県文化芸術新人賞を受賞した神垣夏子さんと鐵百合奈さんの記事が載っていた、とのことです。

ということは、5月10日(木)には、私のことが記事に掲載頂いているのでは、と思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
7月3日 (火)
7月24日 (火)
8月7日 (火)
8月21日 (火)
9月4日 (火)
9月18日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html


【これからの出品予定】
■ 個展
7月18日(水)~31日(火)
大阪タカシマヤ 6階ギャラリー
(大阪市中央区難波5-1-5) 
電話番号 06-6631-1101

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (67)
文献・メディア (34)
絵画講座 (2)
日記 (1307)
雑記 (158)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事